木造住宅耐震診断

こんにちは!竹田建設です。

 

先日、(社)岡山県建築士事務所協会からの依頼を受け、築30年以上の木造住宅の耐震診断調査に行ってきました。

 

リフォームを何度もされていて、見た目にはキレイで、とってもしっかりしているお宅に見えます!

 

今回、耐震診断を依頼された理由は「床の傾きが気になって」との事。

確かに歩いていても、床が傾いているのがわかります…

 

レーザーで測定してみたら、6畳の部屋のわずか2メートルほどの間で、45ミリ傾いています。

これは大変!!

 

 

外から見ても換気口に大きなクラック…

 

 

 

外壁にもクラックが入っています。

 

床下にもぐってみると…

 

 

コンクリートの基礎が割れています!

 

 

元々地盤が悪くて、不動沈下が原因で建物が傾いているようです。

 

 

天井裏も確認!

 

 

土壁が薄い…

 

 

筋交いは一箇所しか発見できません。

和風の住宅なので、南側はほとんどが窓、窓、窓!!!

どうしても壁が少なくなってしまうのでバランスが悪いのです。

 

耐震補強をするとなると大変です…

 

改めて地盤調査や地盤補強、壁や窓のバランスの大切さを実感しました。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    LIXIL田中 (月曜日, 10 9月 2012 19:13)

    岡山(市)は全国で一番安心して暮らせる町だそうです。
    災害発生頻度が少なく、水源も豊富で水不足の心配も少ない、また
    、原発からもほどほど離れているからだそうです。
    でも、今まで地震も少なかったようですが、南海・東南海地震では、震度6強の可能性もあるといっていました。ですからこれからは心配ですね。
    来る前に対策を取る!絶対必要ですね。

お問合わせはこちらまで

おかやまSW会

<事務局>

岡山市北区上中野2-28-7

㈱LIXIL内

TEL:086-245-6848

FAX:086-245-4685